引っ越しをして、新居についたら、ネコが吐いて元気がないようで心配…。
そんなことを聞くことがあります。

私たち飼い主にとってはちょっと面倒くさいこともあるけど楽しい出来事じゃないでしょうか?
でも、ネコにとっては新しい家へ引越しすることは大きなストレスになります。
新居へ引っ越した後、特に異物を食べたり、
病気ではないのにネコが吐いていて元気がない場合には
引っ越しのストレスから吐いている可能性があります。

IMG_1918

ネコが引っ越しで吐く理由はストレス!

ネコの個体差はありますが、基本的に100%のネコにとって引っ越しは苦手なことで、
できることなら今住んでいる所にずっと住んでいたいと思っているそうです。

どうしてネコは引っ越しが苦手で大きなストレスがかかるのかというと、
ネコは環境の変化にとっても敏感で、縄張り意識が強くあります。
ネコにとっては慣れ親しんでいる環境やテリトリーの中にいることが一番安心できることです。
自分のテリトリーを離れて。まったく知らない場所へ行く引っ越しは非常にストレスがかかってしまいます。

スポンサードリンク

また、引っ越し準備の最中でもネコはストレスを感じてしまっています。
引っ越しの準備や最中は荷物を段ボールに詰めたり、
家具がなくなったりといつもの部屋とは様子が変わってきますよね。
それだけでネコはストレスに感じてしまいます。

小さな環境の変化もネコは嫌うので、ストレスが溜まっていってしまいます。

また、引っ越し業者が出入りすることも
知らないニオイの人間がたくさんいることや大きな声や物音でストレスを感じ、
神経が過敏になり、凶暴になったり、脱走してしまうこともあります。

ですから、引っ越し後にストレスで吐くことはよくあることとも言えます。
吐く以外にも粗相をしたりする場合もあります。

 

ネコに与える引っ越しのストレスは軽減できないの?

ネコにとって引っ越しはストレスで、新居に行ったあとに吐くことがあります。
また、引っ越しの最中や引っ越し後に脱走してしまう場合も見られます。

ネコに与える引っ越しのストレスを全部なくすことはできませんが、
少しだけでも軽減することはできます

ネコの引っ越しのストレスを軽くする方法として
まず、引っ越し当時はペットホテルに預けることです。
預けることが無理な場合には、脱走しないようにネコを引っ越し業者が立ち入らない場所、浴室や押入れなどに隔離しておくことがおすすめのです。
この時にネコをキャリーバッグに入れておくのもいいと思います。

家から連れて出る時には、空っぽになった部屋をネコに見せないようにしましょう。
ネコにとって大切な大切な縄張りだった部屋に何もなくなっている状態は
ネコにとっては全てを失ってしまい、これから先のことが不安に感じてしまうからです。

キャリーバッグの中に入れて、タオルなど布をかぶせて目隠しをした状態で部屋を出るようにしましょう。

スポンサーリンク

新居の家具の位置はできるだけ同じような配置で

新しい部屋に行った時に、一部屋だけでも家具が元の家と同じような配置にしてあげてください。
我が家だと、ネコにとってベースキャンプになっている寝室の家具を同じような配置にしてあげることが良いかもしれないです。

ネコにとっては同じ家具が同じような配置であるだけで、少しだけ安心できるようです。

模様替えは、ネコが引っ越しのストレスが解消されて慣れてきてからにしましょう。

ネコが隠れられる場所を用意する

今の部屋より広い場所へ引っ越す場合には、
いきなり全部をネコに見せずに、狭いスペースから解放していきましょう。

最初に解放するスペースには、押入れ・ベッドなどネコが隠れることができる狭い場所をいくつか用意してあげてください。
また、その部屋にネコが使っていたおもちゃやベッド、毛布などまとめて置いてあげてください。

我が家の場合だと、やっぱり、寝室で、ネコが使っている毛布・ベッドにしている段ボール・ネズミのおもちゃ・爪とぎ・猫トイレをまとめて置いておくことがベストのようです。

おそらく、キャリーバッグから出すと隠れられる場所へ逃げ込むと思います。
早いネコだと当日には隠れている場所から出てきてウロウロと探検する場合もありますが、
大抵の場合には数日~数週間引きこもってしまうようです。
心配だからといって、無理やり引っ張りださずに、ネコのペースでネコが生活しやすい環境を整えてあげてください。

bed49e2f0530a6da7cfb8ae3239ae318_s

ネコのフードと水とトイレはそばにそっと置いておく

引っ越して吐くぐらいストレスを感じているネコは、基本的に引っ越しすると
食べない・飲まない状態になってしまいます。

2~3日絶食をする場合もあるのでできるだけ早めにフードを食べてもらったり、水を飲んでもらうためにネコが引きこもっている場所のそばに置いてあげてください。

引っ越し前に使っていたトイレの砂を使うのも自分のニオイが付いているので安心できるのでおすすめです。

もし、5日以上食べない場合には健康状態が心配なので病院へ連れて行って相談してみてください。
また、ネコの排泄にも目を配って、3日以上トイレをしない場合には、健康状態が心配なので、病院に連れて行ってください。

この様にネコは引っ越しでのストレスを強く感じ、
ストレスから吐いてしまうことがあります。

引っ越しのストレスを少しでも軽減する工夫をしてあげてください。
また、引っ越しのストレスから吐いているネコがあまりにも何度も繰り返し吐くようでしたら、病院で相談してみてください。

スポンサーリンク